スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Q. 「3Rおじさんのパソコン分解教室」の使い方について

アルゴさんより以下のご質問をいただきました。




企業カード「3Rおじさんのパソコン分解教室」
効果:相手の場の「人」を1枚選ぶ。
それを自分の場で使えるカードにする(使い切り)

についての質問です。

このカードの効果の対象になった「人」を、相手はそのゲーム中に自分のコストとして使うことは出来ないのでしょうか。
また、相手が既にコストとして使っている「人」をこのカードの効果の対象にすることは出来るのでしょうか。





質問が2つあるかと思いますが、それぞれの答えは以下の通りです。

①「3Rおじさんのパソコン分解教室」の効果の対象になった「人」を、相手(地球破壊プレイヤー)は、そのゲーム中に自分のコストとして使うことは出来ません。

②相手(地球破壊プレイヤー)が既にコストとして使っている「人」をこのカードの効果の対象にすることが出来ます。





<解説>
①「3Rおじさんのパソコン分解教室」の効果で相手(地球破壊プレイヤー)から取った「人」は、地球守護プレイヤーが使い続けることができます。
そのため、地球破壊プレイヤーは取られてしまった「人」を使うことができません。

現在発売されている、マイアース市販版第一弾のカードで、地球破壊プレイヤーが地球守護プレイヤーから「人」を取るカードはないので、取り戻すこともできません。

ただし、地球破壊プレイヤーの対決カードの台風や大洪水のように「人」を捨て場に置くカードがあるので、地球破壊プレイヤーが取られた「人」のカードを捨て場に置く対象としたときには、地球破壊プレイヤーの捨て場に置くようにしましょう。



②相手(地球破壊プレイヤー)が既にコストとして使っている「人」をこのカードの効果の対象にすることが出来ます。

そのため、地球破壊プレイヤーのサポートカードで(使いきり)ではなく、(選んだカードが場にある限り、残りつづける)効果のサポートカードに使用されている「人」を選ぶことができます。
そして、(選んだカードが場にある限り、残りつづける)効果のサポートカードに使用されている「人」を選んだ際、そのサポートカードはコストが満たされないことになるので、捨て場に置くことになります。





「3Rおじさんのパソコン分解教室」のカードは以上のような使い方ができるので、とても強いカードであると言えます。
是非、デッキに入れて活用してみてください。
 
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。